プライベートビーチ

湘南のプライベートビーチで優雅な釣り

プライベート海岸

優雅な湘南の海で釣り

湘南のプライベート海岸での釣りは贅沢。のどかなプライベートビーチでの釣りは娘も大好きです。プライベートビーチの小さな砂浜は向かいのマンション住人達の遊び場です。風に乗って疾走するウインドサーファーと波乗りサーファーが集まる葉山の堤防釣りはのんびりしたものです。



   ここはプライベートビーチ。 優雅な海岸の釣りと、のどかな風景
         
 
 おじさん達の笑顔はまるで童顔

釣りが好きになったのは、小学生4年生の頃。

近所のガキ大将達と近くの池で遊びついでやった、ザリガニ釣りがきっかけです。

手製の竹竿で、釣り針には自分で掘ってきたミミズをくっつけ、ハヤや口ぼそなどを釣っていた時期から、ちょっと遠出の海釣りに出かけるまでそんなに月日がかかりませんでした。

中学生になった頃にはいっぱしの釣り師気取り。

釣りは趣味になり、休みを待ちかねて電車で行ったあちこちの海辺は楽しかった。

抜けるような空のもと、光り輝く海の中をのぞき込むようにじっと釣り糸を垂らしていました。

普段は落ち着きのない子供ですが釣りをしている時はじっとしていられるのは不思議ですね。

好きなことをやっている時に多少のことは我慢できるのは大人も子供も変わりないといえます。

じっと釣りをしている子供とであった時、その子の顔を見てやって下さい。

みんなおじさんと同じようにたくましく、一丁前に見えますよ。

いつかいつかとワクワク待っていた獲物が、竿先からつんつん、ビクーン、さっと引き上げるとそこには本で覚えた魚の姿。

魚の大小も種類も関係ありません。

釣り上げられれば、ただうれしい。

竿先から伝わる感覚はいつまでも手と頭に残っているようです。

静から一瞬に動に移る瞬間、西部劇映画に出てくるかっこいいガンマンになったように思えます。


 行き当たりばったりの釣り

あれから何年も過ぎた9月のある日、学生時代からの友人であるKとFと3人で湘南海岸にドライブ行った時のこと、短い堤防の先で釣り糸をたれている中年の男女を見かけました。

陽気もよく、道ばたには釣り道具も置いている雑貨屋もあったので、なんとなく釣りでもやろうかと

いう話になり、3人で1セット、釣れなくても損しないくらいの値段で道具一式を買いました。

堤防の中程で順番決めのジャンケンをして1投目、早速のアタリです。

銀輪を踊らせ上がってきたのは、15p程度のシロギスでした。

もうだめですね。

元来、男どもには狩猟民の血が流れているのです。

一人10分交代で夢中になって数時間、アオイソメとジャリメのえさ箱が空になりました。

釣れた獲物は、メゴチやフグやヒトデの外道もいましたが、バケツの中にはキスやハゼ合わせて20匹ほど、まあまあの釣果でした。

途中で針はずしやメゴチを挟む為のはさみや追加の仕掛けを買いに走ったりもしましたが、それは楽しいひとときでした。

釣った魚を持って帰るわけにもいかず先着の中年アベックにあげました。

車に戻っても、それぞれ勝手に釣り談義です。

私は、今でも年に数回ですが、相変わらず仲間と連れだって釣りに行っています。

一番最近は、やっと涼しくなり始めた10月、娘も連れて葉山の砂浜で投げ釣りをしてきました。


 まるでプライベートビーチ

海沿いの道を挟んだマンションの真ん前に車を止め、プライベートビーチといってもいいくらいの長さ50m、幅15m程の小さな砂浜です。

お気に入りのこの場所は、皆さんには教えられません。

時々子供や犬が泳いだりして遊んでいますが、釣り人がこの砂浜に入っていたことはめったにありません。

この小さな砂浜に誰かがくつろいでいる時や水辺で遊んでいる子供がいる時には、堤防際にあるゴロタ場の大き目の石の上にあがってちょい投げをします。

娘も3m50の竿にえさのアオイソメを自分で付け替え、波打ち際からうまく投げています。

午前中の数時間で、手のひらサイズより少し大きいくらいのカレーが1枚とシロギス、ハゼ、ベラなど15匹ほど釣り上げました。

ベラは見た目は気持ち悪い感じがしますが、我が家は普通に食べています。

味は、シロギスより濃厚でうまいので一度食べてみて下さい。

波もおだやかな午前中は、堤防内のここで釣り、腹こしらえは近くにあるいつものラーメン屋に行きます。

風が少し出てきた午後は、ヨット発祥の地、葉山港まで移動しました。

葉山の町を横切る途中、海上には殺風景だがスマートな船がたたずんでいました。

今日は御用邸に陛下が来ているのでしょう。

スマートな船は護衛艦です。

御用邸の付近のどの交差点にも警備の警察官が立っています。

天皇陛下の御用邸周辺の警備陣の多さと沖の護衛艦が見える物々しさのわりには道路がそんなに混雑していません。

数人の老人達が思い思いの場所で日の丸の小旗を片手に佇んでいるくらいです。

この付近の人は慣れっこになっているのでしょう。


 葉山はヨットと波乗りで大にぎわい 

         

まもなくヨット遊び発祥の地、葉山港に到着です。

一昔前、あの有名な石原裕次郎や慎太郎兄弟が自作ヨットで湘南の海をセーリングをしていたという所です。

葉山港に隣接しているここは、数年前に公園として整備され、有料駐車場や立派なトイレもあるせいか女性の姿が目立ちます。

ヨットハーバーを横目に高い堤防に上がりますと、そこは素晴らしい眺めです。

堤防の突端に行くと、江ノ島との間に無数のヨットやセーリングボートが疾走しているのが見られます。

中には、風でひっくりかえたり、コントロール不足のセーリングボートが流され堤防近くまで寄ってきます。

私たちは風のある日はもっぱら豪華なヨットを眺めたり、しゃれたレストランでお茶を飲んだりしながら、すばらしい海を満喫している人たちの見物です。

風の出てきた時は、早々に引き上げるのが賢明です。

それでも堤防の中程には数組の釣り人が見え、釣り糸を大きくたわませています。

子供達はサビキ釣りが好きで、何匹もの小イワシやサッパをいっか釣り、数を競い合い歓声を上げています。

大人達もぼつぼつとメバルやウミタナゴなどを釣っていますが、釣りあげた魚はほとんど海に戻しています。

私も釣った小魚を料理するのがいやなので、ほとんど持ち帰りません。

 夕日を後に

       

居心地の良いレストランにいつまでもいるわけにも行かず適当に引き上げます。

気が向くと海岸通りにある地元の魚屋に寄り、奥さん大好物のサザエやアワビを買って帰ります。

どれを見ても元気に生きているのがよくわかる、新鮮さが売り物の魚屋さんです。

風呂から上がり、家族揃って土産の海の幸を目の前で焼きながら食べる夕食時、ワインや焼酎などを飲む時にはしみじみと生きていてよかったなという実感を感じます。







 Menu

TOPページ

【釣りのページ】

ハゼ釣り
レンタルの手こぎボート釣り


堤防釣り
稲取で入れ食いの五目釣り


投げ釣り
湘南のカレイ釣り


磯釣り
真鶴にて


テトラの愛嬌者
カサゴの探り釣り


海釣り公園
若洲海浜公園


プライベート海岸
投げ釣りと優雅な堤防

仕立て船でハゼ釣り
両手に花の男は


ルアーフィッシング
東京湾奥の運河で



【船のページ】

カーフェリーで船旅
苫小牧までの乗船記


プレジャーボート
免許を取って船長


船の免許
試験に合格した


小型船舶免許
過去問題を教えよう



【海遊びのページ】

伊豆の海水浴
ガラスのない水族館


潮干狩り
ゴロタ場の天然アサリ


式根島
ウツボにリベンジー


観光バス旅行
地引き網


庭先の露天風呂
保田の秘密基地


台風の熊野灘
紀州の美女と海水浴


サーフィンに挑戦
初体験でも乗れる方法


海が一望のキャンプ場
4家族で西伊豆へ


カヤック体験
カヌー教室で楽しい練習



▼南房総の旅

勝浦海中公園

鴨川シーワールド

野島崎灯台と海底遊覧船

鯛ノ浦遊覧船&誕生寺

千倉海岸

館山はファミリー向け


【海外編】

・ハワイ2012

・ハワイ2010

・ハワイ2009

・ハワイ2008

【ペットのページ】

福呼ぶ銭亀 たからちゃん
亀が同居の生活


逞しい銭亀 かぐらちゃん
座敷亀の条件はやさしさと愛嬌


淡水熱帯魚の王様
やっかいなディスカス


亀グッズ
 コレクション紹介


熱帯魚
エンゼルフィッシュの飼育


工作とペットの死
手作り犬小屋と愛犬の話



【趣味・健康のページ】

地形模型作り
東京湾と湘南の海底地形模型


胃潰瘍で吐血
仕事のストレスは事実か


へぼゴルフ
HC23を脱出する為に


スキーヤーオンリー
日帰りスキー場で楽しむ


スポーツ吹き矢
小学生相手に本気勝負


眼科で白内障との診断
手術は元気に遊べるうちに(1/2/3)


ストレス解消
花粉症に海洋療法


ヨガにはまる
プールにも相乗効果


減量作戦
パワーウオーキング


▼気軽に行ける海釣り場
  堤防&管理釣り場

・東京湾奥エリア


・京浜エリア

・三浦半島エリア

・湘南〜西湘エリア

・伊豆エリア

・内房エリア

・外房エリア

茨城エリア


▼首都圏のキャンプ場

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

茨城県

栃木県

群馬県

山梨県

静岡県

長野県

Top page    このページの先頭へ

Copyright (C) 海遊び All Rights Reserved