投げ釣り

湘南海岸の投げ釣りで見事カレイをゲット

凧揚げ横目に投げ釣り

湘南海岸のカレイ釣り

投げ釣りに行こうと誘われ、正月早々の湘南海岸で投げ釣りを楽しんだ。凧揚げしている親子を横目の投げ釣りで狙う獲物は砂場の大将カレイです。お賽銭の500円の御利益があったのか。投げ釣りの成果はいかに。



正月から投げ釣り。湘南海岸の大将のカレイの顔でも見に行こうよ!
       

 何でも楽しいことは 

 私は子供の頃から波の打ち寄せる渚で遊ぶのが大好きでした。

最近、季節を問わず楽しんでいるのは海で楽しむ釣りです。

釣れても、ぼうずでも構いません。

潮の香りの中で息をするだけでも満足しているのです。

一人で釣りに行くのもいいけれど、誰かと誘い合って並んで糸を垂れるのが数倍楽しいのです。

人影少ない海水浴場だったり、テトラポットに守られた堤防だったり、漁船がもやっている小さな漁港だったり、海岸近いボート上だったり。

私の遊ばせてもらっている釣り場のほとんどが東京湾内か湘南海岸ですが、場所はどこでもいいのです。

陽が沈む頃、一緒に釣りに行った仲間と魚の話や最近の出来事などを語らいながら、ゆっくり時間をかけて酒を飲むのが一番好きなんです。

私の人生のキーワードは、「面白いこと」。

楽しく遊ぶ為には、体力の維持が必要と、週に1回はジムに通って汗を流しています。

もちろん、ちょっとやばくなっている体形も気になっていますから。

春になればお花見の最中に歌自慢。

俺の釣った魚はこれくらい、手と手の間が広くなる。

車座のシートで声を張り上げています。

夏になればお祭りと花火見物。

魚釣りの時とは大違いな派手な衣装を身につけ、よさこい踊りを踊ります。

大物を釣り上げた時と同じで連の仲間とはじけんばかりの笑顔で踊ります。

秋になれば、芝生のきれいなゴルフコース。

へぼな腕を棚に上げ、このくらいのをはずしちゃったよ、
きょうは運とつきに巡り会わなかったよと神様に八つ当たり。

冬になれば、ゲレンデスキー。

白一色の銀世界を堪能していますが、大きなかけあがりやヨブがある所には行きません。

風も強かったらすぐにあきらめます。

それにしても、友達って最高にいいものですね。

特に同じ趣味の友達って。

さて、正月早々、海に投げ釣り行こう! カレイの顔を見に行こうよ。


 湘南の静かな砂浜でカレイ釣り

正月休みも明けた天気のいい日曜日の朝、近所の釣り仲間のTさんとコンビニでばったり顔合わせた。

おめでとうございますの挨拶もそこそこに「今日は暇?これからちょこっとこれに行こうか。」

これって?投げ釣り。行こうか?は、海です。

お互い釣り道具だけは、すぐに取り出せるようにおさおさ怠りなし。

僕も仕事場の空いている片隅は遊び道具ばかりが並んでいます。

釣り竿を始めとした釣り道具も置いていますが、ほとんど出しっぱなし。

時々手入れはしていますが、行く場所やターゲットによって適当に持っていきます。

海釣りから帰れば、すぐに水洗いして、臭い消しを吹き付け転がしておきます。

誰か訪問者があれば、おおむね釣り自慢。

投げ釣りに行く時は、丈夫な長竿と主に堤防で使うちょい投げ用の竿の2本を持参します。

高価な釣り道具は買っていません。

何しろ多趣味なもので、色々とお金がかかるので、嫁さんに多少遠慮して倹約しているつもりです。

仕事場に並んでいるリールと竿も、一式合わせて1万円から15000円くらいでしょうか。

仕掛けは、爺さま一人が店番している近所にある小さな店に行って仕入れます。

趣味が高じてお店を出したような品そろえですが、それで充分です。

「おやじさん、どこどこに何をターゲットに釣りに行く予定なので、仕掛けを見繕ってよ」

大体こんな感じです。

釣りに対する研究心はあまり無く、世間話のクチコミ話で揃えています。


30分後にTさんの家に迎へに行き、湘南海岸にレッツゴー。

お互いの家族は冷ややかな目で見ていることだろうが、そんなことを気にしていたら楽しい人生を送れませんゾ。

砂浜であればどこでもいいのですが、今日は江ノ島が間近に見える茅ヶ崎海岸ということになった。

冬場の王様カレイの狙い撃ちといきたいものだなどと、捕らぬ狸の皮算用まがいの話をしながら到着すれば、いるいる太公望の先客が、こんな寒い冬でも結構来ているのです。

その釣り人に混じって凧揚げしている親子連れもいる。

釣りより凧揚げの方が自然な風景に感じる。

ここのカレイはそんなに大きいのが釣れた試しがないが、産卵の為に波打ち際近くに寄ってくるので運が良ければ何枚も上がることがある。

カレイ用の腰の強い投げ竿には、30号の遊動海草テンビンに枝ハリス2本が付いた1.2mのモトス4号の仕掛けを使うことにした。

餌はアオイソメしか手に入いらなかったので、それを付けて「どこまでもとんでけ!」と思いっきり投げた。

ほとんど運任せですが、何とかアタリがほしいものです。

大きなクーラーボックスに座りながら、正月には神社の賽銭箱に500円も奮発したのだから神様どうか期待を裏切らないで下さいね。

私も一般的な1本タイプの竿掛けを砂に突き刺し置き竿にしているのですが、数分おきに手前にサビいてみます。

周りの釣り人を見ていると、竿掛けに置いたまま長い時間イスに座った人もいますが、気の短い私なぞはすぐに立ち上がり、竿先を上下させ誘ってみたがる。

時々竿先がちょこんとお辞儀をするがヒトデかメゴチあたりがちょっかい出しているのだ。

Tさんの竿にもアタリがないようで、時々ワンカップを口に運んでいる。

まだお正月だものと言い訳しながら一人で飲んでいる。

そんな姿を横目で見ていると何回目かの投げた竿にアタリが感じられた。

一気に緊張モードに切り替わった。

まだよ、まだよ、もうちょい食わしてから引き上げに掛かるのだとゆっくり置き竿に手を伸ばす。

よっしゃ!いただき!間違いなくカレイのアタリです。

竿をポンキングしてはリールの道糸を巻き取りポンキング巻き取りのくりかえし、あせらずゆっくり引き寄せるのだ。

この浜の海底にはお前の逃げ場の岩礁もないのだ。

竿先のしなりから見てかなりの大物らしい。

澄み切った波の下に獲物が見え隠れしてきた。

隣で釣っていたTさんもやってきて見物しだした。

無事ゲットだ。

上がってきたのは、ここでは珍しく大きな30センチサイズのカレイだった。

待望のカレイの姿を見て私は大満足、Tさんの顔は引きつっているようだ。

Tさんにも私に当たりがあったあたりのポイントを教えたが、結局釣れずじまいだった。

私もその後はフグとヒトデを何回かとハゼを数匹上げたが、カレイはその1枚きりでした。

いつの間にか凧揚げしていた親子連れの姿も見えなくなっている。

こいつは春から縁起がいいや!といっていいのかな?

Tさんとの釣りは、いつもこんな感じ!

事前の準備はありませんで、行き当たりばったりです。

さあ、今年も海にバンバン行くぞ!

僕は、海釣りに行きたいのだ。






 TOPページ

【釣りのページ】

ハゼ釣り
レンタルの手こぎボート釣り


堤防釣り
稲取で入れ食いの五目釣り


投げ釣り
湘南のカレイ釣り

磯釣り
真鶴にて


テトラの愛嬌者
カサゴの探り釣り


海釣り公園
若洲海浜公園


プライベート海岸
投げ釣りと優雅な堤防


仕立て船でハゼ釣り
両手に花の男は


ルアーフィッシング
東京湾奥の運河で




▼気軽に行ける海釣り場

・東京湾奥エリア

・京浜エリア

・三浦半島エリア

・湘南〜西湘エリア

・伊豆エリア

・内房エリア

・外房エリア

・茨城エリア



▼首都圏のキャンプ場

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

茨城県

栃木県

群馬県

山梨県

静岡県

長野県


【海遊びのページ】 

伊豆の海水浴
ガラスのない水族館


潮干狩り
ゴロタ場の天然アサリ


式根島
ウツボにリベンジー


観光バス旅行
地引き網


庭先の露天風呂
保田の秘密基地


台風の熊野灘
紀州の美女と海水浴


サーフィンに挑戦
初体験でも乗れる方法


海が一望のキャンプ場
4家族で西伊豆へ


カヤック体験
 カヌー教室で楽しい練習


南房総へ行く


【海外編】

・ハワイ2008〜2013


【船のページ】

カーフェリーで船旅
苫小牧までの乗船記


プレジャーボート
免許を取って船長


船の免許
試験に合格した


小型船舶免許
過去問題を教えよう



【ペットのページ】

福呼ぶ銭亀 たからちゃん
亀が同居の生活

逞しい銭亀 かぐらちゃん
座敷亀の条件はやさしさと愛嬌


亀グッズ
 コレクション紹介


淡水熱帯魚の王様
やっかいなディスカス


熱帯魚
エンゼルフィッシュの飼育


工作とペットの死
手作り犬小屋と愛犬の話


【趣味・健康のページ】

地形模型作り
東京湾と湘南の海底地形模型


胃潰瘍で吐血
仕事のストレスは事実か


へぼゴルフ
HC23を脱出する為に


スキーヤーオンリー
日帰りスキー場で楽しむ


スポーツ吹き矢
小学生相手に本気勝負


眼科で白内障と診断
手術は元気なうちに(1/2/3)


ストレス解消
花粉症に海洋療法


ヨガにはまる
プールにも相乗効果


減量作戦
パワーウオーキング





Top page      このページの先頭


Copyright (C) 海遊び All Rights Reserved